ケアハウスを利用する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ケアハウスとは?

家族が高齢になると、介護や日常生活のサポートが必要になることから、家族が仕事をしながら高齢の家族をサポートするというのはどうしても難しくなってきます。そんな中で、介護を必要とする家族をサポートするためのサービスが現代では増えつつあります。
介護が必要になると、老人ホームなどの施設を利用するという人も多くいましたが、最近では、ケアハウスというものも注目されています。
ケアハウスとは、比較的安い料金で利用することができるサービスで、高齢者の一人暮らしや家族の介護が難しい場合など、ある一定の条件を満たした人が利用することができます。

ケアハウスには、軽費老人ホームA型、B型と、ケアハウスの一般型と介護型に分けられています。

軽費老人ホームA型、B型

高齢者の中には、介護は必要ないけれど、日常生活のサポートが必要という人もいます。要介護になれば、訪問介護サービスを利用することもできますが、介護が必要ない場合には、高齢になってもサポートを受けるのが難しいというのが現状です。
そんな中で強い味方となってくれるのが経費老人ホームなのです。A型には食事の提供があり、B型には食事の提供はありません。そのため、自分出食事の準備ができるという人は、B型に入居することができます。どちらも介護を必要とする人は入居できないのが条件です。

ケアハウス

ケアハウスは、経費老人ホームC型とも呼ばれています。ケアハウスには、一般型と介護型があり、食事の提供や、生活支援を中心としたサービスが中心となります。ケアハウスには、一般型と介護型が併設されたものもあります。
一般型では、介護が必要な人をはじめ、軽度の介護を必要とする人も入居することができます。生活支援をはじめ、緊急時の対応や見守りサービスが中心となります。
高齢になると、入居した際には介護は不要だったものの、年月が経つにつれて介護が必要になることもあります。途中で介護が必要となった場合には、要介護2までであれば、外部業者のスタッフと連携しながら入居することができます。

安心して自立した生活ができる

老人ホームに入所すると自由を失うイメージを持つ人もいるかもしれませんが、ケアハウスでは、介護は不要だけど、一人では心配という場合でも利用することができるので安心です。特に、家族が遠方に住んでいる場合などには、緊急事態に対応するのが困難ですが、ケアハウスを利用することで、自立した生活を続けながら、安全に生活を続けることができるのです。

ケアハウス