訪問介護のメリットとデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

訪問介護サービスについて

少し前までは、高齢になって介護が必要になると老人ホームを探して入所するという人が多くいました。しかし、高齢化社会が進み、介護を必要とする人が増える中で、介護の現場では介護士不足や施設の空きがないことから、介護が必要なのに、介護サービスを受けるために待機しなくてはいけないことが多くなり、介護を必要とする家族を持つ人にとっても、介護は生活に支障を与えるほど困難なものでした。
そんな中で、高齢化社会にあった介護方法として、訪問介護サービスが普及するようになってきました。この訪問介護サービスには、どのようなメリットとデメリットがあるのか、詳しく見てみましょう。

訪問介護サービスのメリット

訪問介護サービスの最大のメリットは、施設の入所を待つことなく、自宅で必要な介護を受けることができるという点です。施設に入所したくても待機期間が長いことから、訪問介護サービスを利用することにより、可能な限り自宅で介護を受け、自立した生活を続けることができるという点です。介護を必要とする家族を持つ人でも、日中に訪問介護サービスを利用することにより、仕事などに影響を与えることなく家族の介護をサポートすることができるようになります。
また、訪問介護サービスには、日常生活に必要なサポートだけでなく、リハビリテーションなども行ってくれることから、今現在使える機能を最大限に生かし、老化の進行を最小限に抑えて、自立した生活をより長く継続できるようになります。

家族が遠方にいるという一人暮らしのお年寄りでも、訪問介護サービスを利用することにより、安全確認や買い物、食事の準備、洗濯、掃除などのサポートを受けることで、一人暮らしも実現することができるようになります。

訪問介護サービスが普及することにより、老人ホームを待つ人を減らすことができ、必要な人が必要なサービスを受けることができるようになります。

訪問介護サービスのデメリット

訪問介護サービスは、介護を必要とする人や家族にとって、とても強い味方となります。ただし、介護の度合いや持病によっては、訪問介護サービスだけではサポートが足りずに、老人ホームへの入所が必要になることもあります。住み慣れた自宅で介護サービスを受けながら自立した生活をすることができればベストなのですが、必要に応じて施設への入所を考える必要が出てくるということも覚えておきましょう。

訪問介護