HOME   >   【施設区分から選ぶ】介護老人保健施設

介護老人保健施設
〜リハビリや補助を行う施設〜

介護老人保健施設

介護老人保健施設とは

介護老人保健施設は別項で扱った特別養護老人ホームとはコンセプトが異なっている事を、まず留意しておきましょう。特別養護老人ホームが保険で言うところの終身保険であれば、介護老人保健施設とは、期間が決められており、自宅で生活出来るようにリハビリや補助を行う事が主となっています。

在宅に戻る事を前提としており、その為のケアプランなどを提案し、根本的には在宅復帰を目的としている中間施設としての役割を担っています。そのため、リハビリを行うための資格が必要な場合もありますし、ケアプランを提案するために、ケアマネージャとして働く事も可能です。

原則65歳以上の高齢者が入所出来る

一部特定疾病などにより、40〜64歳の方も入所出来るようになっていますが、基本的には65歳以上の高齢者が利用する施設となっており、介護老人保健施設は『介護保険制度』により運営されていることから、介護保険が適用される人が対象となっています。

要介護1〜要介護5までの認定者に限られますので、必然的に年齢制限がついてきます。高齢者への介護がメインとなりますから、柔らかい対応を心掛ける必要があります。

在宅生活が可能と判断されれば退所出来る

車いすを押す男性上記でも触れたように在宅生活を送れるようにサポートすることが介護老人保健施設の役割となっていますので、当然、在宅での生活が可能と判断されれば、退所する事が出来ます。介護保険が適用されている施設ですから、介護サービスの1割を負担する事になります。しかし食費と居住費、その他の利用料を合算して個人負担として請求されますので、在宅生活が送れる方は、自宅での生活をお勧めします。

おすすめエージェント ランキング

未経験でも安心!派遣だから こそのメリットあり

公式サイトへ

求人の質に自信!働きやすい職場で自分らしい介護を

公式サイトへ

全国最大級の案件数。高給与の非公開求人も豊富!

公式サイトへ

インタビュー企画:40代からの介護職デビュー「未経験でも大丈夫!」

J子とU子の覆面調査レポートを見る