HOME   >   【施設区分から選ぶ】グループホーム

グループホーム
〜一般の住宅で生活する社会的介護〜

グループホーム

グループホームとは

ネコを膝に乗せる女性グループホームとは病気や障害などで日常生活が困難な方々が、専門スタッフ等の援助を受けながら、一定人数以上で、一般の住宅で生活する社会的介護の形態を指しています。地域社会に溶け込むように生活する事が理想とされており、別名では『集団生活型介護』と呼ばれることもあります。一般の住宅で生活を行うため、近隣の地域住民との繋がりも、必要となるため、グループホームならではの仕事も幾つか存在しています。

グループホームの歴史

グループホームの最初の提唱は、精神患者者向けにイギリスが始めたことが起点とされています。18世紀のイギリスでは、援護寮やグループホームなど、小規模な精神科病院に相当するマッドハウスと呼ばれる施設の建設が盛んに行われていました。様式や規模は、ホームステイ形式やアパート形式のものから、100床以上の病床を持つタイプなど、様々な形で存在していました。

日本のグループホーム制度

日本では厚生省(現在の厚生労働省)が2000年度から2004年度までの計画により、それまでは設置目標がなかった『認知症高齢者グループホーム』を2004年度までに計3200ヶ所を整備すると発表しました。同時に制定された介護保険法に基づき、介護保険制度によって、介護サービス給付が利用出来るようになったおかげで、認知症高齢者グループホームは現在も急速に普及しています。

そのため、介護員の供給が需要に追いついていない事もあり、求人数も比例して多くなっている現状です。なお、現在では、認知症高齢者向けグループホーム件数は、当時の厚生省が目標として3200ヶ所を大きく上回り、6000ヶ所を超える数となっています。

おすすめエージェント ランキング

未経験でも安心!派遣だから こそのメリットあり

公式サイトへ

求人の質に自信!働きやすい職場で自分らしい介護を

公式サイトへ

全国最大級の案件数。高給与の非公開求人も豊富!

公式サイトへ

インタビュー企画:40代からの介護職デビュー「未経験でも大丈夫!」

J子とU子の覆面調査レポートを見る