HOME   >   【介護の現状を知る】生活と介護について

生活と介護 〜介護保険の居宅サービスについて〜

生活と介護について

生活と介護について

生活介護は、介護保険のサービス内での居宅サービスを指しています。様々な施設があり、内容や対象も異なってきますが、大きく分類すると二種類に分類されます。

特定施設入居生活介護

特定施設入居生活介護は、特定の施設(介護付有料老人ホーム、軽費老人ホーム、養護老人ホーム、適合高齢者専用賃貸住宅)に入居している要介護者への介護サービスを指し、入浴や排泄、食事や療養上の介護の他にも、日常生活の支援、在宅復帰する為のリハビリなどの機能訓練を提供するものとなっています。ただし、例外として地域密着型特定施設は住所地特例の対象となっております。

介護予防特定施設入居者生活介護

介護予防特定施設入居者生活介護も、特定施設入居生活介護と同じく、介護保険の居宅サービスの一つとなっています。特定の施設(介護専用型特定施設を除く)に入居している要支援者に対して、介護の予防を目的とした、入浴や排泄、食事、療養上の介護と日常生活上の支援、機能訓練などを提供するものとなっています。

介護目的と介護予防の相違

手をつなぐ介護士 上記のように介護を目的とした施設と、介護を予防する為の施設では若干の違いがあります。当然、機能訓練などを行う場合には、それを行うための有資格者が必要となってきますし、要資格が採用の条件となっている場合もあります。

介護福祉士の範疇を出る場合もありますので、予め留意しておき、キャリアアップを目指すと良いでしょう。現状において介護福祉士の絶対数が足りない事も事実で、これからも多くの人の手が必要となってきます。

おすすめエージェント ランキング

未経験でも安心!派遣だから こそのメリットあり

公式サイトへ

求人の質に自信!働きやすい職場で自分らしい介護を

公式サイトへ

全国最大級の案件数。高給与の非公開求人も豊富!

公式サイトへ

インタビュー企画:40代からの介護職デビュー「未経験でも大丈夫!」

J子とU子の覆面調査レポートを見る