HOME   >   【介護の現状を知る】介護の必要性について

高齢化や障害による介護の必要性について

介護の必要性について

現代社会における介護の必要性

介護士イラスト多くの方がご存知のように、医療や介護現場の発達により、高齢者が増えてきており、2015年には4人に1人が高齢者になるであろうと言われています。そのため、介護の必要性は、欠かす事の出来ない必須事項だと言えます。

実際に介護職に就職する方も年々増加してはいるものの、需要に対しての供給が間に合っておらず、慢性的な人手不足となっています。介護の援助がなければ、日常生活を満足に送る事が出来ない高齢者や障害者も多く、1人でも多くの介護者が必要と言われている現状です。

高齢化による介護の必要性

加齢によって年齢を重ねることにより、必然的に身体は弱っていくものです。特に高齢者と言われる65歳以上になると、その傾向は一段と強く、耳が遠くなったり、物が見えにくくなったり、手足が満足に動かなくなったり、頭では判っていても言葉として上手く話せないなど、数々の兆候が出てきます。介護出来る家族がいる環境であればまだ良いのですが、そうでない高齢者も非常に多く、それだけ高齢者の介護をする人が求められていると言えるでしょう。

身体・精神障害による介護の必要性

高齢者ではなくても先天的、もしくは後天的に身体、または精神に障害を持つ方も決して少なくはありません。軽度の障害であれば大きな問題にはなりませんが、重度の障害となってくると、日常生活を送る事すら困難になるケースも非常に多いというのが現実です。

脳による障害もあれば、病気になった時に障害を伴った、もしくは事故などで身体的、精神的に障害を受けるケースもありますので、高齢者だけではなく、そのような方々にも介護の手が必要となっています。

おすすめエージェント ランキング

未経験でも安心!派遣だから こそのメリットあり

公式サイトへ

求人の質に自信!働きやすい職場で自分らしい介護を

公式サイトへ

全国最大級の案件数。高給与の非公開求人も豊富!

公式サイトへ

インタビュー企画:40代からの介護職デビュー「未経験でも大丈夫!」

J子とU子の覆面調査レポートを見る