HOME   >   【介護の現状を知る】介護福祉士の現状について

常に人材が不足している介護福祉士の現状

介護福祉士の現状について

介護福祉士の現状

要介護者と手をつなぐ介護士高齢化社会が加速している現代社会ですが高齢化は医療と介護現場の発達により、それだけ長く生きることが可能な証だと言えるので、高齢化自体は非常に素晴らしいものだと言えるでしょう。高齢者であっても、心身ともに健康的な方も多く、様々なイベントや野外活動に積極的に参加しているアグレッシブな方も少なくありません。

しかし、すべての高齢者がそのような状態を維持しているわけではなく、日常生活を送るだけでも困難な状態の高齢者も数多く存在しています。加齢だけが原因とは限らず、事故や病気が原因であったり、先天性や後天性の障害などで介護の手を借りなければいけない人もいます

需要に対して供給が追いついていない

端的に言いますと、介護福祉士の数は慢性的に不足をしており、年々多くの方が介護職を目指して資格を取るものの、現状では供給よりも需要が勝るために常に人材を募集している業種となっています。また、介護福祉士の登録数は73万人を超えていますが、そのすべての人が、介護職に就いているわけではありません。

海外からの介護福祉士の募集

高齢化と少子化が進む日本では、充分な介護福祉士を供給する事が難しく、その改善策の一つとして海外から介護職に就きたい外国人を募集しているケースもあります。母国または来日後に日本語を学び、介護福祉士の資格を取れるようにサポートしている企業もあり、特に人口も多く文化の違いがあまり大きく異ならない東南アジアからの人材は重宝されています。

ただし介護福祉士は国家資格の一つですので、全員が全員資格を取得出来るわけではありません。特に外国人の場合は、言葉の壁があるため、日本人が資格を取るよりも難易度的に高いと言わざるを得ない状況です。

おすすめエージェント ランキング

未経験でも安心!派遣だから こそのメリットあり

公式サイトへ

求人の質に自信!働きやすい職場で自分らしい介護を

公式サイトへ

全国最大級の案件数。高給与の非公開求人も豊富!

公式サイトへ

インタビュー企画:40代からの介護職デビュー「未経験でも大丈夫!」

J子とU子の覆面調査レポートを見る